賃貸住宅に住むためには保証人を付けなければなりませんが、その保証人は誰でもよいということではありません。

賃貸物件の効率の良い探し方
What's New
賃貸物件の効率の良い探し方

賃貸物件の効率の良い探し方

賃貸住宅に住むためには、例外もあるものの基本的には保証人を立てなければなりません。保証人というのは、借主本人の家賃滞納があった場合に本人の代わりに賃料を支払う人のことですが、しかしこの保証人というのは誰なってもよいというわけではありません。むしろ借主本人よりもこの保証人の方がしっかりとした支払い能力が求められるのです。

ですから、基本的には借主の家族が保証人となることが望ましいです。なぜならば、もし家族以外の人間が保証人になった場合、本人のために損をしてまで賃料を支払ってくれるかどうかは不透明だからです。家族であれば、本人のために代わりに責任をとらなければならなくなったら、他人よりもその責任の放棄がしづらいでしょう。たとえ友人であっても、いざ借主本人の尻拭いをしなければならないとなったら、どうしても尻込みしてしまうものです。ですから、保証人は家族が選ばれることが多いのです。

しかし家族を保証人に立てたとしても、その家族の支払能力が怪しいとなったらどうでしょうか。たとえば親が年金暮らしであり、支払いができるかどうか微妙となったら、その時点で入居を断られてしまうのでしょうか。そういう場合は、親だけでなく兄弟なども一緒に保証人にする措置を取るなどするべきでしょう。

Copyright (C)2016賃貸物件の効率の良い探し方.All rights reserved.